被害が目立ってきているヤミ金の種類

携帯電話、銀行口座・キャッシュカード転売に関しては犯罪です。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

ヤミ金融にもいくつか種類があり、近年はソフトヤミ金や融資保証金を騙し取るヤミ金業者も出てきていますが、その一部をご紹介します。

ヤミ金融の種類

ご存知の方も多いかと思いますが、一般的にヤミ金融とは、、、

①貸金業の登録をしないで金銭を貸し付ける
②人権を逸脱した取り立て行為を行う
③貸金業規制法に定める上限を超えた上での貸し付ける

総称をヤミ金融といいます。

そんなヤミ金融にもいくつか種類があり、近年はソフトヤミ金や融資保証金を騙し取るヤミ金業者も出てきている現状です。
一部を紹介します。

①ソフトヤミ金
TVドラマなどでよく見る強面風なイメージとは裏腹、優しい言葉使いなどで債務者の油断を引き、延滞などの相談にも乗り安心させ入金させるヤミ金業者。
[利息は5割~10割]

②整理屋
ヤミ金融などからの借金を解決して多額の解決費用を請求する業者と勘違いしがちですが、元来複数の業者からの借金を一つにまとめると言う謳い文句のもと融資をする前に保証金と称して金銭を騙し取るヤミ金業者。保証金は借入件数・金額により比例する
[総借入額のおおよそ20%]

③転売屋
(1)インターネットや雑誌の広告などから集客し、ブラックOK、即日融資などの言葉で被害者を誘う。
申し込み後、『当社との実績がない』『信用情報に欠けている』などの理由で今すぐ融資出来ない旨を伝え、携帯電話を新規契約し指定の住所まで送れば融資する事が出来ると持ちかける。(この際、中のSIMカードは抜いて送るので個人情報が漏れる事や債務者本人に電話料金等の請求が直接いく訳ではないと話される場合が多い)
[携帯1台に対しおおよそ1万~5万]

(2)上記同様に銀行や信用金庫のキャッシュカードや通帳を指定の住所に送らせ、代金を債務者に送金する。(この際、実際に融資目的ではなく実質キャッシュカードを売る目的で送ってしまう被害者が多い)
[キャッシュカード・通帳1つにつき1万~5万/インターネットバンキング付を条件にする闇金業者が多い]


※上記の3つは近年被害が目立って来ている種類のヤミ金です。
(③の携帯電話、銀行口座・キャッシュカード転売に関しては犯罪です。銀行側、各携帯会社からの詐欺罪として問われる可能性があります。絶対にお止めください。)


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP