ヤミ金融の違法性[コラム]

深刻なヤミ金融問題に対処するため、「闇金融対策法」で罰則も強化されました。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

ヤミ金融を運営するとどのような罪になるの?闇金融の仕組みや実態、違法性についての正しい知識を深めよう!

ヤミ金融の違法性

闇金融という言葉を一度は耳にした事がある人は多いかと思います。
最近ではテレビドラマなどでも闇金融を題材にした作品やストーリーが放映されるなど、その実態や仕組みについては多くの人が知るところとなっています。

しかし、時代の移り変りと共に人や社会が変化するのと同様に、闇金融の実態や仕組みなども時代と共に変化しつつあります。
そのため、常に闇金融の実態やその違法性については新しい情報と知識を持つ必要があります。

闇金融を運営するということは、それ自体が違法であるために金融業者には「一般的な常識」や「価値観」、「法律」が通用しないと考えておくことが大切です。
闇金融は法的に有り得ないほど高く設定された金利によって経済的弱者をじわじわと追い詰め、違法な取立てによって多くのお金を搾取しようとする業者によって運営されている場合がほとんどです。

また、闇金融業者の多くは貸金業を営む上で必要な登録をせずに運営しているので、闇金融業者はその存在自体が違法となるケースがほとんどです。
つまり、闇金融を営む業者のほとんどは「貸金業法違反」であり、違法に高い金利でお金を貸すという事業内容は「出資法違反」となります。

最近では闇金融問題が社会問題にもなってきており、これらの問題に対応するために国は「闇金融対策法」を成立させています。
この法律では貸金業登録の審査を義務化すると共に、違法に高い金利でお金を貸し付ける事に対する罰則が大幅に引き上げられています。

たとえば高金利違反を犯した闇金融業者には、この法律を適用することで「五年以下の懲役、1千万円(法人の場合は3千万円)以下の罰金」という罰則が科せられます。
また、無登録で営業を行った闇金融業者には「五年以下の懲役、1千万円(法人の場合は1億円)以下の罰金」という罰則が科せられます。
また、闇金融業者が違法な広告や勧誘行為を行った場合には闇金融対策法を適用する事によって「100万円以下の罰金」が科せられます。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP