ヤミ金相談に対しての警察の対応[コラム]

借用書やヤミ金業者とのやり取りの音声など警察が動けるだけの強い証拠を保持することが大切です。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

ヤミ金融からのキツイ取立てや高金利について警察に相談しても相手にされないって本当?闇金対策で被害届が無意味な理由!

警察に相談しても相手にされない…

普通の暮らしをしていると警察の方にお世話になるような事はまずありませんが、万が一犯罪などの被害に遭った場合には警察を頼り、相談するというのが世間ではひとつの常識として捉えられています。

しかし、たとえ犯罪の被害に遭って警察に相談したり被害届を出したとしても、ほとんどのケースで「警察は動かない」というのが現実です。
そもそも警察力というのは「刑事事件」にならない限りは出動することが出来ないため、民事事件では動いてくれないのが現状です。そのため、違法な高利貸付や取立てを行う「闇金業者」の被害に遭ったとしても、ほとんどの場合は警察に相談しても相手にされないのです。

たとえ一般の人が闇金の被害を受けて被害届を出したとしても、受理されるだけで捜査や逮捕に発展しないケースがほとんどです。そのため、もし警察に相談したり被害届を出そうと考えるのであれば、事前に証拠となるような借用書やボイスレコーダーで録音した闇金業者とのやり取りの音声などを保持することが大切です。

また、もし警察署に相談している間に闇金業者からの電話や連絡があった場合は、警察の人にその場で直に対応して貰うというのもひとつの手だと言えます。

闇金から一度でもお金を借り入れてしまった場合、業者側も証拠が無ければ警察が動けないことを知っていますので、強気の取立てや態度で臨んできます。
そんなときはパニックに陥らずに冷静さを保ち、毅然とした対応を行うことが重要です。
そして可能であれば闇金業者とのやり取りをボイスレコーダーで音声に残しておいたり借用書を請求する等、「警察が動けるだけの強い証拠」を確保しておくことが大切です。

また、最近では警察力を頼る前に闇金業者への対応を専門に行っている機関に相談する債務者も増えてきています。
もし警察に相談したり被害届を出したにも関わらず相手にされなかったという経験をお持ちの人は、こうした闇金対応を専門とした機関に相談するという手段も選択肢の中に入れておく事が大切です。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP