闇金業者が使う貸付方法[コラム]

闇金業者は様々な手法を使って、強引に被害者にお金を貸し付けようとしてきます。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

闇金業者って普段はいったいどんな活動をしているの?闇金業者の実態について正しく知り、理解しよう!

闇金業者の実態

通常の生活を送っていれば、お金に困るという事にはなりませんが、贅沢な暮らしや収入に見合わない生活を送っていれば、いずれは資金が底を付いてしまいます。
それでも一度、贅沢癖が付いてしまった人は生活レベルを簡単に下げる事はできず、ついには「借金」をしてでも今までと同様の暮らしを送ろうと考えてしまいます。
その結果、消費者金融や銀行のカードローンなどを利用してお金を借り入れ、借金を繰り返してしまうのです。

しかし、そのような暮らしもいずれは破綻を迎え、それまでお金を借り入れていた消費者金融や銀行のカードローンでも審査が通らなくなってしまいます。
そうしていよいよ窮地に陥ってしまった人の多くは、違法な高利で債務者から多額のお金を搾取することで知られる「闇金業者」に流れていくのです。
ほとんどの闇金業者では一週間から十日で元本の5割以上の金利を搾取するのが基本となっています。
そのため、一度でも闇金からお金を借り入れてしまうとなかなか元本が減らず、利息だけをずっと払い続ける状況に陥ってしまうケースがほとんどです。

中には気軽な気持ちで借りた1万円が、一ヶ月後には数十万に膨れ上がってしまったというケースもあり、どんなにお金に困っていても絶対に闇金業者の利用だけは避けた方が無難です。

闇金の実態にはさまざまなケースが存在しますが、最近になって増えてきているのが債務者の口座に小額の入金をする「押し貸し」といった貸し付け方法です。
押し貸しはお金に困っている債務者に偽りの広告や宣伝文句で個人情報の提供を促し、それによって入手した銀行口座に後日、勝手に小額のお金を入金する事で利息を発生させる手法です。

一度、口座に入金されてしまうとその日から利息が増えていき、放置しておくと職場や学校にまで取り立ての電話が来てしまいます。
その結果、返す必要の無いお金や利息でも普段の生活や日常を壊したくないという理由で、泣く泣くお金を支払ってしまう債務者のケースが増加しつつあります。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP