闇金業者が狙うターゲット[コラム]

最近は普通の主婦や経営が危うい中小企業の経営者、個人事業主もターゲットにしています。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

闇金業者に狙われやすい人の特徴には共通点があるって本当?闇金業者がターゲットにしやすい人の特徴とその理由!

闇金業者のターゲット

日本は世界でも有数の先進国であり、他国と比べても犯罪件数の少ない国として有名です。しかし、治安の良い日本国内においても犯罪が皆無というわけではなく、軽犯罪に関しては日本の至るところで起きています。
中でも「お金」に関する犯罪は年々増加傾向にあり、長引く不況や雇用状況の悪化などがこれらの犯罪の原因として考えられています。
お金に関する犯罪の多くは窃盗や詐欺、強盗などがメインとなっていますが、最近では「闇金業者」による違法なお金の貸付なども横行するようになっています。

闇金業者とは、お金に困っている債務者の弱みに付け込み、法外な利息と違法な取立てによって膨大な額のお金を弱者から搾取する悪徳金融業者のことです。
ただし、一般的な生活を送っている人たちにとっては関わることは皆無だと言えます。
闇金業者が主なターゲットとして狙っている人の特徴としては、お金に困って首が回らなくなったり、借金を重ねて正規の金融業者からの借り入れが出来なくなってしまった「社会的弱者」の人たちです。こうした人たちは闇金業者のターゲットにされる事で半永久的に利息だけを支払い、借り入れた元本は減らせないまま闇金業者から搾取され続けるという傾向が多く見受けられます。

また、闇金業者がターゲットとして絞りやすい人の特徴としては、他の金融業者から既にお金を借り入れている「多重債務者」や「借金のブラックリストに載っている人」などが挙げられます。
一見、返済能力が低そうに見える多重債務者やブラックリストの人たちですが、闇金業者は構わずにお金を貸し付けます。しかし、一度でも闇金からお金を借り入れてしまうと、その後は手段を選ばずに高い利息を回収しようとしてくるので注意が必要です。

また、最近では多重債務者やブラックリストに載るような人たちだけでなく、普通の主婦や経営が危うくなっている中小企業の経営者、個人事業主にも闇金業者の触手が伸びてきています。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP