ヤミ金にお金を借りて自己破産した場合[コラム]

ヤミ金に取立てを諦めさせるには、ヤミ金が苦手としている警察や法律家に相談しましょう。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

ヤミ金にお金を借りて自己破産した場合、ヤミ金からの取立てを止めたいならば、法的な手続きよりもヤミ金に諦めさせることが必要です。その方法とは?

自己破産したらどうなる?

ヤミ金にお金を借りて自己破産した場合に、返済を免除してもらえることは望めません。
なぜならば単純な話、ヤミ金というのはそもそも違法にお金の貸付業務をしているわけですから、法律上の手続きも通用しません。
そのためたとえ自己破産しても、ヤミ金がお金を毟り取ることを諦めていないならば、取立てはなおも続きます。
その点で言えばヤミ金は、例えば銀行やサラ金などの貸金業者とは全く異質なものだと考えるべきです。

自己破産の手続き上では、ヤミ金も債権者として申し立ては出来ますが、それで自己破産が成立したとしても、ヤミ金には効力は少ないです。
ヤミ金は違法であることを承知した上で業務を行っているわけですから、わざわざ法律に従うはずもないのです。
ですので、ヤミ金にお金を借りても、返せなくなれば自己破産すればいいという考えでいるのならば、それはあまりにも甘い考えです。

ヤミ金にしてみれば、自己破産をしたことで自分のところに払ってもらえるお金が用意しやすくなった、そうした見方をする場合も少なくありません。
元々ヤミ金からしかお金を借りていないならばそうはなりませんが、正規の貸金業者からも借りつつ、ヤミ金業者からも借りていたのであれば当てはまることです。
正規の業者への返済が免除されたことで、お金も用意しやすいだろうと考えるわけです。
自己破産をしたこと自体は官報で知ることが出来ますから、何か特別な技が必要なわけでもありません。

たとえ自己破産してもヤミ金が諦めなければお金を要求され続けますから、ヤミ金からの取立てを止めたいならば、法的な手続きよりもヤミ金に諦めさせることを考える必要があります。
ヤミ金に諦めさせるには、ヤミ金が苦手としているものに助けを借りた方がいい場合も多いでしょう。
その苦手とするものは警察で、ヘタをすれば摘発される恐れもある相手ですから、ヤミ金も諦めざるを得ない場合も多くなるわけです。

また、相談をするのであれば、ヤミ金に詳しい法律家も頼りになる存在でしょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP