ヤミ金に時効はあるのでしょうか?[コラム]

ヤミ金が取り立てを諦めるか諦めないかが、時効代わりと言えるでしょう。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

借金に時効があることで、ヤミ金からずっと逃げ回っていれば借金がゼロになると考えるのは浅はかで、その家族や周りの人に肩代わりさせようとします。

ヤミ金に時効はある?

ヤミ金に時効は通用するものではない、と考えるべきでしょう。
法的には借金にも時効はありますが、元々違法に貸付をしているヤミ金ですから、法律のことを気にするはずもありません。
ですから、いくら借金に時効があろうがなかろうが、ヤミ金にとってはお構いなしであるわけです。
単に彼らが取り立てを諦めるか諦めないか、それが時効代わりです。

借金に時効があることで、ヤミ金からお金を借りてもずっと逃げ回っていれば無かったことになる、と単純に考える人もいるかもしれません。
それはあまりにも浅はかで、たとえお金を借りた本人がいなくとも、その家族や周りの人に肩代わりさせようとするでしょうから、ヤミ金でも逃げられた場合の手を打っているわけです。
誰でもいいからお金を取れる相手を見つけられればいい、というわけです。

業者からの借金では5年の時効がありますが、ヤミ金は正規の金貸しではないので個人からの借金と看做したとしても、その時効は10年です。
しかし、たとえ最後の取引からそれだけ時間が経っていても、ヤミ金がまだお金を毟り取れるというつもりでいるならば、支払いを要求してくるでしょう。
諦められなければ、時効を過ぎていても関係ないわけです。
最近では、債権代行という名目での架空請求も見られますが、これは前に付き合ったヤミ金業者を通して、といったこともありえます。

ヤミ金に時効が関わる場合を考えるならば、もしも裁判に訴えるという理由でヤミ金が脅しを掛けてきた時でしょう。
その時点で10年過ぎてそのヤミ金からお金も借りずに、また支払いもしていないのであれば、時効を理由にその話に応ずる必要もないです。
まずありえないことですが、万が一に裁判にするにしても、既に時効が過ぎている借金に関してですから、ヤミ金側の主張が通ることはありません。
それ以前に、刑事罰の対象になる違法な貸付をしているわけですから、裁判を起こすわけにもいかないのが実際ではあるでしょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP