最近あったヤミ金事例をご紹介します[コラム]

ヤミ金に借金を申し込んだ際に、携帯電話や換金性のある物を求められる事例があります。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

初めからお金を貸すつもりがなく、お金や物を騙し取るのを目的としている”新規客を募っているようなヤミ金”が増えているのは何故なのでしょうか?

最近あったヤミ金事例

最近のヤミ金事例で多く見られるようになったのは、初めからお金を貸すつもりもない連中の存在です。
以前から貸金業者を装った詐欺というのは存在していましたが、近年になってそれが余計に目立つようになりました。
そうした連中は、自分では1円も出すつもりはないですから、それこそ金貸しの体も成していないと見ることも出来ます。
もちろん、そうしたところからお金を借りるにしても、必要なお金を借入出来ることはまずないのが通例です。

最近あったヤミ金事例で増えたのは、お金を借りようと申し込むと、携帯電話やスマホを契約してこいと言われるものでしょう。
大抵はダイレクトメールなどでお金を貸すようなことを謳っているのですが、いざ申し込めば借金とは関係ない話になるわけです。
信用を確かめるため等の適当な理由を付けて、携帯の契約をするように促してきます。
そして、新たに契約してきた携帯と引き換えに多少のお金が渡される場合もありますし、そのまま音信不通となりお金さえ受け取れない、といった事例もあります。

ヤミ金とも呼べない詐欺に借金を申し込んだ際に求められるのは、何も携帯電話に限ったものではなく、換金性のある物を求められる事例もあります。
いずれにしても、申し込んだ時点で借金とは関係のない話になっていますから、冷静でいるならばどこかおかしいと気付くはずのものです。
しかし、お金が欲しいと切羽詰っている状態ですから冷静な判断も出来ず、つい言われた通りに、となってしまうようです。

初めからお金を貸すつもりのないヤミ金が目立つようになったのも、一応は違法な高利ながらも貸付をしているヤミ金が、新規の客を取らなくなったからでしょう。
以前から付き合いのある客に貸付を絞ったほうが、ヤミ金にとっては遥かにリスクが少ないからです。

ヤミ金にしたって、支払いの催促で手間を掛けたくありませんから、お金が払えない新規の客を取ったところで、損が増えるばかりで上手く仕事も運びにくいわけです。
そのため、新規に客を募っているようなヤミ金は、初めから借金させるつもりもない、お金や物を騙し取るのが目的である事例が増えているわけです。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP