借金の一本化は本当に得なのか?[コラム]

借金の一本化で得をする場合は、現時点よりも金利が安く、無理のない返済をしていける場合です。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

複数の会社からの借金を一社にまとめる「借金の一本化」とは、本当におトクなのでしょうか?

借金の一本化とは

借金の一本化は得が得られるかどうかは、それぞれの場合により異なります。
そのため場合によっては、逆に損が生じることもありえるものです。
得がある借金の一本化を考えるならば、一つは金利が現時点よりも安く済む場合でしょう。
元金自体は借金の一本化をしても減らすことは出来ませんが、余分に払う金利手数料を抑えることが出来れば、総額的には支払う金額も低くなるわけです。
借金の返済に伴い、それに合わせて支払う金利分を安く抑えられるのならば、結果的には得となるはずです。

ただし、金利さえ安くなれば、借金の一本化で得をすると考えるのも早計です。
借り換えをすることで、返済の方法や毎回の返済額も変わることが多いからです。
特に返済額が変わることで不利が生じる場合もないわけでもありません。
借金の一本化をしたはいいものの、毎回の返済額が支払いには厳しいものならば、いずれは破綻してしまい、借金返済も余計に長引いてしまう場合もありえます。
これでは借金の一本化で得をしたとはならず、むしろ損をしたと考えるほかないでしょう。

ギリギリの金額でも返済できるくらいならば、これまでに借金を一本化するほど、何件も借金を抱えることにはなっていなかったはずです。
そのため、たとえ借金を一本化するにも、無理をしてまでの返済は出来ないものだと考えた上で、契約したほうがよろしいです。

例えば、ある時の返済金が用意できないとなれば、他からお金を借りてきて、ということをついしてしまう場合もあるでしょう。
それまで複数の借金を抱えていたわけですから、お金に困ったら借金すればいい、といった癖がまだ残ってしまっているはずです。
借金の一本化をしていることで、少なくとも多重債務を理由に借入契約を断られることは避けやすくなりますから、余計に借金を返すための新たな借金もしやすい状態です。
そして気が付いてみれば、借金を一本化したはずなのに、また借金を何件も抱えている状態に戻ってしまっているわけです。
借金の一本化で得をする場合は、現時点よりも金利が安く済み、尚且つ無理のない返済をしていけるならば、と考えることが出来るでしょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP