闇金業者からの悪質な催促にはどう対応すればいいのか?[コラム]

弁護士や司法書士に相談すると、闇金の督促をストップさせ、借金を無くすことも可能です。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

闇金の督促がひどくなると、職場や家族に嫌がらせが及んでしまいます。警察は民事不介入なので弁護士や司法書士などの専門家へ助けを求めるのが最善です。

ヤミ金のひどい督促の対策

不況に喘ぐ現代の日本では、貧困層が拡大の一途を辿っています。
生活費に困って借金を重ねている人も決して少ない無いのが今の日本の真実です。
一般的な消費者金融にお金を借りるケースがほとんどですが、中には闇金に手を出す人も居ます。

闇金で良くあるパターンは、ブランド品やギャンブル、キャバクラや色恋沙汰です。
こうしたものに依存すると我慢が難しく、ついつい借金を重ねてしまうものです。

しかし、闇金からは極めて悪質な督促を受ける可能性があるでしょう。
精神的に追い詰められたり、暴力を振るわれたりすることもあります。
そうしたひどい闇金の督促に対抗するためにも、いくつかの対策方法を知っておきたいものです。

会社やアルバイト先に嫌がらせを受ける場合は、警察へ被害届を出すのが良いです。
職場に金を返せという電話を何度もかける、寿司やピザ、救急車を何度も呼びつける、などの嫌がらせが考えられます。
会社に迷惑が掛かれば肩身が狭くなりますし、被害が拡大する一方となります。
そこで有効なのが警察へ被害届を出すことです。
会社に度重なる電話やニセ注文を行ったのであれば、業務妨害が適応されるのです。

他のケースでは、家族や友人に借金の督促が行われることがあります。
家族や友人が保証人にされている場合も少なくないため、借金の督促が行われます。
違法な取り立てを防ぐには、警察と考えるのが普通です。

しかし、警察に相談しても助けてくれるかどうかは微妙なところです。
なぜなら、警察は民事不介入を掲げているからです。
お金を借りた人同士で問題を解決してくれというのが警察のスタンスであると言えます。
もちろん、家族や友人が暴行を受けたり、迷惑行為を受けたりすれば話は別です。
闇金で頼りになるのは、間違いなく弁護士と司法書士でしょう。
弁護士や司法書士は闇金の対応に長けており、その場ですぐに対応を行ってくれます。
闇金の督促をストップさせ、借金を完全に無くすことすら可能なのです。
弁護士費用などは発生しますが、闇金の督促に怯えるよりも遥かに良い選択肢です。

職場、家族、友人に迷惑を掛けたくないなら、弁護士に相談するのが最善です。
無料相談を行い、どのような対処が可能かを知るのも良いでしょう。
肝心なのは1人で対処せず、専門家にアドバイスを受けることです。
闇金は犯罪集団であり、暴力団が取り締まっている場合が多いです。
そうした相手にどれだけ正論をぶつけようと、情に訴えようと話は通じません。

闇金の犯罪に巻き込まれる前に、今すぐにでも弁護士や司法書士に相談を行いましょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP