闇金からお金を借りてしまう前に、まずは専門家に相談しましょう![コラム]

弁護士や司法書士に相談すると、現在の借金額を大幅に減らせる可能性があります。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

闇金からお金を借りる前に、まずは弁護士や司法書士へ相談しましょう。借金がある場合は任意整理や個人再生で減額が行えますし、生活保護のサポートも行ってくれます。1人で抱え込まず専門家に相談するのが大切です。

ヤミ金に頼る前に相談する場所は?

どうしてもお金が必要なのに、貯金がまったくない状況が人生には起こり得ます。
ギャンブルなどの娯楽のためであれば我慢するしかありませんが、病気の治療や生活費であれば我慢は不可能です。
そんな時、消費者金融の審査が通らずにお金を借りられないと、人は危険だと分かっていながら闇金に手を出します。

ですが、闇金に手を出す前にお金の専門家へ相談してみてください。
自分では思い付かなかった別の対応策や解決策が見つかるかもしれません。
闇金に手を出すか迷っているのなら、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。

なぜ弁護士や司法書士に相談するのかというと、現在の借金を減らしたり国の支援について理解したり出来るからです。
日本は富裕層と貧困層の格差が激しく、弱者に冷たいとされています。
しかし、発展途上国で道端で餓死者が出るような劣悪な環境でも無いのです。
生活保護を受ければ生活していく最低限のお金はもらえますし、各種手当ても受け取れます。

さらに、現在借金をしている人なら、その金額を大幅に減らせる可能性もあるのです。
例えば、任意整理、個人再生などが挙げられます。
200万から300万ぐらいの借金であれば、今後の利息をゼロにすることができます。
これは法律に基づいた手続きで、借金している人を救済するための処置なのです。
返済期間も3年から5年をかけて行うので、現実的な返済プランを計画出来るでしょう。
利息が1円も発生せず、現在の借金を最長で5年掛けて返済すると考えれば、明るい未来も見えて来ます。

より大きな借金であれば個人再生や、その先にある自己破産という手もあります。
状況によって何が最善かは変わりますので、だからこそ弁護士や司法書士への相談が大切なのです。
借金をしている人は、情けない、恥ずかしい、そんな思いが前に出てしまい誰にも相談出来ないでいます。
確かに、身近な家族や友人に相談するのは抵抗があるでしょう。
ですが、外部に居る弁護士や司法書士であれば相談のハードルがかなり低くなるはずです。

1人で抱え込んだ結果、闇金に手を出して破滅へ向かうよりも弁護士などへ相談する方がよっぽど幸せな未来に繋がります。
一時の恥を受け入れるだけで未来が大きく変わるのを知っておきましょう。

闇金に頼る前に、1度弁護士や司法書士を訪ねてみてください。
借金を減額する方法があるかもしれませんし、生活保護や各種手当について教えてくれるでしょう。
当然ですが、闇金からお金を借りてしまった場合の相談も行えます。
闇金の脅威を感じる前に、一刻も早い対応をおすすめします。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP