[コラム]返済能力があれば大丈夫?!消費者金融が利用できる人とは

闇金からの借り入れを考えているなら、まず消費者金融を頼ってみるのも一つの策です。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

どんなにお金が欲しくても闇金にだけは手を出してはいけません。それよりもまずは消費者金融へお金が借りられないかを相談してみましょう。もし消費者金融でお金が借りられないなら、自己破産等を検討するのが良いです。

ヤミ金に手を出す前に…消費者金融

人はお金が無いとどうしても情緒不安定になってしまうものです。
気持ちが沈んでしまったり、逆に何でも出来るような万能感を持ったりします。
闇金に手を出してしまう人はこうした特殊な感情で突き動かされているのです。

はっきり言って闇金は絶対に利用してはいけない最悪の選択肢です。
嫌がらせや恫喝を受け、時には犯罪に利用されるケースもあります。
本当に最悪のケースでは命を失うリスクがあるのを忘れてはいけません。
そこで紹介したいのが消費者金融からお金を借りることです。
闇金に手を出すぐらいなら、まずは消費者金融からお金を借りられないか考えてみましょう。

まず、普通の人であれば消費者金融へ行けばお金を貸してもらえます。
一定の年収があり返済能力があると判断されれば、少し高めのお金も貸してくれるのです。

しかし、多重債務者になっていたり無職だったりすると消費者金融は首を横に振ります。
返済してくれる確率が低い相手にはお金を貸してくれません。

消費者金融でお金を貸してもらえなかった場合は、既にギリギリのラインを越えた先のアウト状態だと認識しましょう。
借金を抱えているならば任意整理や自己破産を考えるのもありです。
現状が危険な状態なので、このまま目先のお金を求めていたらいずれ闇金に辿り着きます。
お金を貸して貰えなかったタイミングで踏み止まる気持ちを持つようにしましょう。

踏み止まるイメージ画像

消費者金融と闇金の違いについても説明したいと思います。
どちらもお金を貸すことを商売にしている存在ですが、両者の違いは何なのでしょうか?

すごく簡単に言ってしまうと、法律を守るかどうかだけです。
消費者金融は賃金業法に則って適正な利息しか取らないようにしています。
返済が難しいと感じる膨大な金額も貸したりはしませんし、時には断ったりもします。

一方の闇金ですが、こちらは法律を完全に無視した膨大な利息を付けて来ます。
相手の返済能力など関係無しにお金を貸してくれるので、後々になって恫喝や犯罪に巻き込まれるのです。
さらには、10万を貸してくれる話だったのに、手数料等の名目で差し引かれて手元には5万しか渡されないこともあります。
10万借りたことになっているのに実際は5万しか受け取っていない、こうした無法がまかり通るのが闇金です。

消費者金融は返済が滞ると法律を武器に督促が行われますが、闇金は暴力や嫌がらせが行われます。
昔ほどひどい状況ではなくなりましたが、それでも死者が出る場合はあるのです。
闇金は人生の落とし穴であり決して落ちてはいけないものだと心得ておきましょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP