[コラム]ファクタリングを騙るヤミ金業者

最初から相手を騙すことを前提にしており、膨大な手数料を取るのが特徴です。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

ファクタリングを騙った闇金業者も登場しています。企業の売掛債権を早期現金化するファクタリングを利用して利息を奪うのです。ファクタリングで利息の話が出たら100%闇金なので覚えておきましょう。

ファクタリング業者を装うヤミ金業者

闇金の手口も日々進化しており、新しい形態が登場することは良くあります。
そんな闇金の手口で新しいのがファクタリングを装ったものです。

ファクタリング業者を装っているものの、中身は闇金と変わらないのが現実です。
ここではファクタリングとは何か、どのような犯罪手法なのかを紹介します。
これは主に会社経営者が注意しなければいけない闇金です。

まず、ファクタリングの説明から始めましょう。
ファクタリングとは企業の売掛金を業者が買取り、早期現金化を行う合法的なサービスの1つです。
例えば、工場で作った部品が100万円で売れたとしましょう。
この場合、100万円の売り上げがある状態になり会社としては黒字となります。
しかし、実際にお金が振り込まれるのは部品の納品から翌月末、翌々月末になるのが一般的です。
100万円の売り上げがあるのに、手元にはお金が無い状態が発生してしまうのです。

そこで、2ヶ月すら待てない経営状態の場合に利用するのがファクタリングです。
本来なら2ヶ月後に振り込まれる100万円を今すぐ現金化出来るのです。

100万円イメージ画像


ここでも例え話になりますが、ファクタリング業者に90万円で売掛債権を買い取ってもらうのです。
100万円を支払う契約を90万円で買い取ってもらうのがファクタリングだと考えると分かりやすいです。

このようにまだ振り込まれていない売掛債権を素早く現金化するのがファクタリングです。
海外では一般的な資金調達の方法で、ファクタリング自体は何も問題が無い合法的なサービスです。

さて、ここからはファクタリングを装った闇金についての紹介です。
勘違いなどで闇金になっているのではなく、闇金業者がファクタリング業者を装っていることを認識しましょう。
つまり最初から相手を騙すことを前提に行動しているのです。

手口としては、まず膨大な手数料を取るのが特徴です。
金額にもよりますが、通常は10%から20%がファクタリングの手数料となります。
100万の売掛債権ならば80万から90万円が手元に戻って来る金額です。
しかし、闇金の場合は手数料が60%から80%と悪質過ぎる設定になっています。
お金に困っている相手の足元を見ており、他の選択肢を奪った上で判断を迫るのです。

さらには、支払いが遅れた場合は利息という名目で追加料金の支払いも強要して来ます。
ファクタリングとは物品の売買のようなもので利息という概念は存在していないのです。
利息が発生した時点でそれは賃金業法に違反となります。

ファクタリングを行った際に利息が発生したなら100%闇金なので覚えておきましょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP