[コラム]闇金と架空請求業者は繋がっている?

架空請求で騙された相手に対して、次に闇金による勧誘を行います。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

闇金と架空請求業者は裏で繋がっているのは間違いないことです。顧客名簿の売買を行っていることもありますし、闇金そのものが架空請求をしているケースがあります。一度犯罪組織と関わると様々な魔の手が忍び寄るので要注意です。

闇金と架空請求業者のつながり

お金に困っている人の弱みに付け込む卑劣な闇金と同様に、架空請求業者も悪質です。
こうした犯罪組織は裏で繋がっており、時に顧客名簿を売りさばいているのです。
顧客名簿には手に入れた氏名や住所、借金の有無などが記載されています。

そのため一度犯罪組織に個人情報が流れてしまうと、その後ずっと架空請求や闇金勧誘のメールやチラシが届くのです。
闇金と架空請求業者が繋がっているのは疑う余地のない事実です。
だからこそ、犯罪の気配がするメール等には一切返信してはいけないのです。
架空請求も同様で、相手に例えクレームの連絡でも入れてしまうと、そのメールが有効だと認識されてしまいます。
ここでは闇金と架空請求業者の関係性と仕組みについて紹介したいと思います。

架空請求を行う業者そのものが闇金の場合もあります。
昔と違い警察の監視が厳しい昨今では、表立った闇金業はやりづらいのが実情です。
しかし、暴力団組織に属する闇金は上納金として一定の売り上げを出さなければなりません。
そこで行うのが架空請求です。
まだまだ情報リテラシーが低い人が一定層居るので、架空請求を鵜呑みにして振り込みを行う人が居ます。

振り込むイメージ画像


そして、架空請求で騙された相手に対して、今度は闇金による勧誘を行うのです。
お金に困っていないかを尋ねつつ親切さを装って現金を貸し付けます。
最初は親身になっている闇金ですが、利子が一定額を超えた瞬間に豹変します。
このように架空請求と闇金はほぼイコールで考えて良い存在です。

仮に別々の組織が闇金と架空請求を行っていた場合は、純粋に顧客名簿の売買だけをします。
架空請求に騙されてしまう人は闇金にも絶好のカモなのです。
その逆もまた然りで、闇金に騙される人は架空請求にも騙されてしまいます。
一度弱みを見せるとハイエナが群がるかのように闇金や架空請求業者が近寄ってきます。

もし、一度でも闇金や架空請求に騙された場合は慎重に判断する気持ちを持たなければなりません。
あの手この手で騙そうと犯罪者は忍び寄って来ているのです。

闇金と架空請求業者は裏で繋がっており、顧客情報が売買されています。
無担保で貸せる、上限無し、1ヶ月間無利子、そうした甘い言葉に騙されてはいけません。
真っ当な企業はメールで脅すような請求をすることは無いのです。
お金が関わる時は少し冷静になり、時には身近な人へ相談してみたり、ネットで調べてみたりすることが大切です。
犯罪者にお金を奪われないように注意して生活しましょう。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP