[コラム]闇金の「リスト」に載ってしまうきっかけ

リストに載ってしまうのは怖いことですが、毅然とした態度で勧誘を断れば問題ありません。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

闇金のリストに載ってしまうきっかけはいくつもあります。一度でも闇金を利用してしまえばリストに載りますし、架空請求に騙されても載るでしょう。大切なことは闇金などの勧誘を固い意志で拒否することです。

なぜ闇金の「リスト」に載ってしまう?

闇金には顧客リストが存在しており、お金に困っている人の名簿があるのです。
相手を選ばずに勧誘をしても、そう簡単にお金を借りようとする人はいません。
そこで活用するのが闇金の持つリストです。

リストには借金がある人、騙されやすい人、債務整理を行った人の情報が記載されています。
この情報を元に闇金の勧誘をすることで効率よく利益を出そうとしているのです。

闇金のリストですが、そもそもどのような条件を満たすと載ってしまうのでしょうか?
犯罪に巻き込まれないようにするためにも、リストに名前が載ってしまう条件を把握しておきましょう。

真っ先に注意しなければいけないのは、闇金に個人情報を渡すことです。
代表的な例では一度でも闇金を利用してしまうケースです。
お金を借りる際には個人情報の提示が当然ですし、身分証明書のコピーも取られてしまいます。
少額であっても闇金を利用してしまうと、何度もしつこく勧誘が来てしまうのです。
十分なお金があれば甘い勧誘を拒否出来ますが、生活費等に困っていると借りたい気持ちが出てしまうでしょう。
ギャンブルやお酒、ブランド品などに夢中になっている人は特に注意が必要です。

ギャンブルやお酒や買い物の依存に注意!


他にも、債務整理を行った際に名前や住所を控えられてしまうことがあります。
自己破産を行うと官報という国の機関紙に名前や住所が乗ってしまいます。
こうなると信用情報に傷が付くので一般的な消費者金融などではお金が借りられなくなります。

そこに付け込んで忍び寄って来るのが闇金です。
自己破産を行ってお金に困っているであろう人をターゲットに、勧誘を行って来るのです。
リストに載ってしまうのは怖いことですが、毅然とした態度で勧誘を断れば問題ありません。

他には架空請求などの犯罪に巻き込まれてしまった時にもリストへ載ります。
架空請求業者は闇金業者などの犯罪組織に名簿を売って小金を稼いでいます。
一度騙された人はもう一度騙せるというのが闇金業界での常識になっているのです。
悪質なことに、リストに載った名前を消すためにお金を請求して来ることさえあります。

当然ですが、お金を支払ってもリストに載った名前が消えることはありません。
お金を騙し取るためのウソなのです。

闇金のリストに載ってしまうのは怖いですし、不安な気持ちにもなるでしょう。
しかし、メールや電話の勧誘を固い意志で拒否すれば問題はありません。
日常生活に支障が出るような嫌がらせがあるならば警察へ相談するのが一番です。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP