[コラム]未成年でも闇金の被害に遭う可能性はある?

未成年でもヤミ金被害に遭う事はありますし、重点的に狙われやすい傾向があります。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

未成年は成人に比べても他社からの借入がない、生活費がかからない、働き口がある、親からの弁済を期待できる、初歩的な手口に引っかかりやすい、弁護士に相談されにくいなどヤミ金から見て好都合の条件が揃っています。

未成年が被害に遭う可能性

ヤミ金は未成年でもお金を貸しますし、親との縁を切っている中年以上の人よりも未成年者や学生は良いカモだと思っているものです。
未成年者の狙われる理由についてまとめました。

未成年者はお金を借りられない

消費者金融、銀行系カードローンの多くは申込条件を満20歳以上に設定しています。
一部の学生ローンでは未成年者も対象にしていますが、学生ローンの中でも未成年対応業者は非常に少なく親権者の同意も必須です。
クレジットカードであれば18歳以上を条件に利用できますが、すぐにお金の必要な時に即日カード発行できるサービスは少なく、未成年者だとキャッシング機能なしになるケースも多いです。

正規の方法でお金を借りられない未成年者だからこそ、ヤミ金は上客だと考えています。
正規業者からの借入もなく、若くて体力のあるので働き口はたくさんある。
いざとなれば親からの弁済も期待できる未成年者はヤミ金からしてみると絶好のターゲットです。


ターゲットにされる未成年のイメージ画像


自力での返済を期待できる

中卒以上であれば法的にアルバイトすることを認められていますし18歳以上であれば深夜まだ働くこともできます。
未成年者はヤミ金の法外な金利であっても、親に借金したことがバレるのを嫌がって法律事務所に相談することもなく自力で完済しようとする傾向が強いです。
返済できなくなると、ヤミ金と提携しているキャバクラのボーイ、風俗店の受付、土木関係の仕事などで強制的に働かせて給料から天引きで回収することもできます。
若い女性は男性向けサービスで短期的に効率よく稼ぐ仕事を斡旋されます。
未成年者は親との同居や、仕送りによる1人暮らしなど生活費のかからないため、働かせた給料の大半を差し押さえても大きな問題に発展しにくい特性もあります。
場合によってはクスリの運び、振り込め詐欺の受け取り役など、犯罪に加担するような仕事をさせられることもあります。


未成年者は無知が多い

取り締まりの強化によって、貸金業の看板を出した店舗を持たない運営をするなどヤミ金業の形態は変化しています。
「ブラックOK」、「10万円まで確実に即日融資可能」
このような怪しい広告や090金融のような固定電話を持たないチラシやネット広告、迷惑メールを見ると普通の人ならヤミ金ではないかと懸念します。
ほかにもクレジットカード現金化や高収入のアルバイトなどで勧誘して、話を聞いてみると高金利による貸付サービスを案内する手法もあります。
未成年者は人生経験の少ない分、初歩的なヤミ金の勧誘手口に引っかかりやすいです。
また、ヤミ金に手を出してしまった後に弁護士に相談する方法も知らないケースが多いです。
人は失敗を繰り返して自己防衛力を高めていきますが、未成年者はヤミ金被害で多額の利息を払うことを勉強料として受け入れるケースが目立ちます。


親から回収できる

貸金業のルールでは保証人以外に弁済を求めることはできませんが、ヤミ金業者はルールなどおかまいなしに返済できなければ親や兄弟、親族などに取り立てを行います。
子供の借金だと親からの回収確率が高く、子供の将来や学校、職場を気にして弁護士に相談せずにお金で解決しようとする親が多いです。
未成年者は親との縁を持っている確率が高く、成人に比べてヤミ金の法外な利息でも貸し倒れになることは少ないです。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP