[コラム]押し貸しは自己判断で解決するのは危険?まずは専門家に相談しよう!

ヤミ金を利用した人は要チェック!押し貸しに対応する為の基礎知識をご紹介します。

24時間いつでもサポートダイヤル 03-5413-5341

勝手に振り込まれる「押し貸し」とは、ヤミ金が保有している個人情報を元に依頼のない振込をして、利息請求をする行為です。ターゲットにされるのはヤミ金を利用したり相談したことのある人が中心で、100%違法性があっても家族や職場に過去の借入を含めてバラすことで脅してきます。

勝手に振り込まれる「押し貸し」とは

ヤミ金は新規利用者の減少で経営難になっている所が多く、申込をしていない人に通知せずにお金を振り込みする「押し貸し」の被害が増加しています。

押し貸し被害者の大半は、以前ヤミ金を利用していた人や、借入相談をした人です。
ヤミ金は法外な利息を払うことで、一度縁を切ることもできますが、個人情報は大切に保管されています。

ヤミ金は利用経験者であれば、押し貸しでも対処できると見込んでいます。

ヤミ金で完済する人は絶好のカモ

インターネットの普及した現代においては、ヤミ金トラブルについて調べると、法的に無効で元本を含めて返済する責任がないことや、法律事務所に相談すれば簡単に解決できることが分かります。

ヤミ金で法外な利息を払い終えてしまう人は、家族や職場に内緒で借金している弱みを握られています。
話を大事にされると困ることから、ヤミ金だと理解した上で法外な利息を払って縁を切ろうとします。

ヤミ金の利用履歴がある人は、同様に家族や職場に連絡する嫌がらせや過去のヤミ金利用を周囲にバラすことを材料に脅してきます。

ヤミ金を軽い気持ちで利用した方は、仮に利息を払って自力での対処をできたとしても、将来的に押し貸しで再び被害に遭うリスクがあります。
資金難で困るヤミ金は、太い客や紹介のあった客でも一定期間の利用がなくなると押し貸ししてきます。

どんなケースでもヤミ金からの借金は返済ではなく弁護士や司法書士の介入で対処するべきです。

弁護士の料金相場とは

法律家が手を差し伸べているイメージ


押し貸しは厄介

押し貸しは立派な犯罪ですが、ヤミ金から5万円前後の現金を振り込まれることに対して違法性は少ないです。 警察に相談しても、違法な貸付は無効なので元本だけ返すか、取り立ては無視すればいいなど簡単な対応をされます。

悪質な取り立ては現行犯であれば対応できますが、ヤミ金は職場や自宅、実家などへの電話、郵送中心の取り立てをして、姿を表すことはありません。
警察に相談しても取り立てや嫌がらせを回避できないので、弁護士や司法書士に依頼する流れになります。

しかし、法律事務所に解決依頼するのも費用がかかり、ヤミ金で抱えた借金をチャラにするのと、純粋な被害者でお金を払って対処するのでは状況が違います。
放置してしまう人も多いですが、嫌がらせがエスカレートする前に、過去の過ちの清算だと割り切って法律事務所に依頼をして、その後はヤミ金に知られている可能性がある銀行口座を全て解約してください。

携帯電話や住所まで変えることが理想ですが、振り込まれた実績が残ると、それを弱みにして家族や職場を脅してきます。
ヤミ金を利用した経験や口座情報を知られている可能性があれば、被害に遭う前に口座の解約をして予防を心がけてください。
メイン口座を使っている場合は、各種支払口座の変更手続きをする手間も出てくるので、押し貸しは厄介で悪質性の高い犯罪です。

押し貸しをするヤミ金は経営難で廃業寸前と捉えることができますが、仮に廃業しても個人情報は他のヤミ金業者に売られてしまいます。


無料相談はこちら
着手金0円~
PAGE TOP